英検の勉強の生産性を上げるベストな方法

「休むのも仕事のうち」とは、私がなかなか時間を作れなかったときに友人から言われた言葉です。

私はこれまで、休むことをそのように考えたことはありませんでした。今までの私の考え方は、周りの多くの人たちと同じで、「一生懸命働くことは良いことで、休むことは怠けていることだ」というものでした。一生懸命働いて、仕事をやり遂げるまで休まないのが正しい生き方だと、悲しいことに、私たちは人生の大半をそう教えられてきました。

しかし、友人の話をよくよく聞いてみると、彼女が正しいことに気がつきました。休むことは、生活のために働くことだけではなく、私たちが扱うすべての仕事の一部であるべきだということです。学業、感情、仕事など、あらゆることに取り組む際には、休息が必要です。肉体的にも精神的にも過酷な状況で長期間働いている場合は、燃え尽きないように休息を取る必要があるのです。

そこで私は、レッスン中にトピックとトピックの間に短い休憩を入れるようにしました。2~3分程度の休憩で気分をリフレッシュさせることは、決して悪いことではありません。

生徒の生産性を高め、学習内容への集中力を高めることができます。特に、英検の勉強をしている小学生には効果的です。若い人はすぐに気が散ったり、集中力が切れたりする傾向があるので、学校では小学生は45分、幼稚園児は30分しか授業を受けられないのはそのためです。

しかし、どんなに平凡で難しいテーマであっても、短い休憩時間のおかげで集中力を維持することができるのです。

アイスランドでは、「週休4日制」の試みが大成功し、従業員の86%が通常の週5日ではなく週4日の出勤に切り替えました。保育園やオフィス、病院など、さまざまな職場がこの試みに参加しています。十分な休息をとることで、質の高いパフォーマンスを発揮できることが証明されました。

短い休み時間に、生徒たちと一緒にどんな活動ができますか?

私の生徒たちは何でもやってくれます。私の生徒の中には、3年前から教えている現在9歳の子がいます。

以前は、低いレベルから始めたので、彼は英語を学ぶことにとても熱心でした。しかし、年を追うごとに彼のレベルも上がっていきました。彼は今、英検2級を取得するために勉強しています。英検2級は知性を測るだけでなく、時間的な制約があるので、特に彼のような若い生徒には負担が大きいです。英検には、彼のような年齢の若い生徒が聞いたこともないようなトピックがあります。だから、最初の2、3分で勉強する気をなくしてしまうのも無理はありません。

私のその生徒は、普段は別の本を持っていて、休憩中に数分間読むことができます。あるいは、パズルで遊んで、勉強の難しさを忘れようとしています。

この休憩の適切な言葉は、休息ではなくレスパイトかもしれません。

レスパイトとは、困難なことや不快なことから解放された、短期間の休息を意味するからです。私たちが授業の合間に取る短い休みには、この言葉がぴったりです。

もう一人、高校生で英検2級の勉強をしている生徒がいるのですが、その生徒も同じように勉強しています。高校生であっても、少なくとも30分以上のレッスンの後には、休息が必要であることに気づきます。特に、リーディングやリスニングの練習に取り組んでいるときには。リラックスしたり、考えをまとめたり、携帯電話を見たり、目の前の難しい課題ではなく他のことについて話したりするための短い時間があれば、残りの授業時間に集中することができます。

簡単に言うと、休憩時間に何をするかは、あなたの興味や生徒の興味によって変わるということです。勉強の仕方が違うように、リラックスの仕方も違います。最も重要なことは、心をリフレッシュするために休憩を取ることです。

休憩を取ることは、生産性を高めるだけでなく、集中力を高めることにもつながると言っていいでしょう。勉強や仕事をするときに、一定のパフォーマンスを維持することができます。

英検の勉強の合間に定期的に休憩を取ることで、最適な結果を得ることができます。効果的な休憩は、作業をサボっているということではなく、自分の心を尊重して、休息と情報の消化に必要な時間を与えているということなのです。