子ども英会話 富山五福アリス教室 

五福アリスショッピングセンターで楽しく学べる

アメリカ人や現役外国人ALTの先生による

子ども英会話コース

7月1日より毎週日曜午後に開催 体験レッスン無料

体験レッスンお申込・お問い合わせ

 

子どもに英会話を学ばせたいけど…

 

こんなお悩みはありませんか?

 

 小学校で本格的に始まる英語の授業にどのように準備しようか?

 大学入試制度が2020年から4技能重視になるけど今から何をしておけばいいかわからない。

 現在通っている英会話スクールがあるけど、どうも合わない。

 他の同級生たちと比べて遅れるのが心配!

 子供には将来、英語で苦労させたくない。

 

 

小学校の英語教育が変わります

2020年度に小学5・6年生で「英語が教科化」、3・4年生で「外国語活動」が開始されます。親しむことが中心だった外国語活動から、より具体的に「英語のスキル」を伸ばす方向に移ってきます。

 

英語が教科化されることで検定教科書を使い、テストで点数が出てくるようになり、成績がつくようになります。また中学入試で英語を受験科目に加える学校が増えてくると予想されます。

 

かつては中学校で学んでいたことの一部が小学校で学ぶことになる

前倒し教育になるため差がつきやすくなる

早期に英語を学ぶ時間がいっそう大切になる

 

大学入試が4技能試験へ

同じ2020年度に大学入試が改定されます。英語では4つの技能(読む、聞く、話す、書く)が試されるようになります。これまでは、読むために必要な読解・文法が中心で聞く、書くが少々といった割合でした。

 

一般的な中学、高校の英語の授業も、読解・文法が中心で、他の技能の聞く、話す、書くにあまり時間をかけていませんでした。
多くに日本人はこうした読解・文法中心の授業と受験対策に沿って英語の勉強をしてきたため、高校卒業時点で簡単な英会話さえ満足にできないというのが現状です。

 

 読解、文法中心の勉強だけでは、英語を聞いたり話したりすることはできません。

体験レッスンお申込・お問い合わせ

 

将来必要とされる英語力とは?

これまでの読解・文法中心の英語教育は、明治時代以来の「海外の英語文献を日本語に翻訳して知識を広める」という点で優れていました。英語の原文を自然な日本語に翻訳するには、英文法の知識、構文理解力、語彙力が必要になるからです。

 

従来の学校の英語教育はこうした力、特に翻訳力をつけるのに適した方法であったと考えてもいいでしょう。

 

しかし、時代が求める英語力は変化していきます。

 

経済のグローバル化により、今後ますます外国人と一緒に働く機会が増えてくるはずです。海外企業が日本の伝統的企業を買収することも増えるでしょう。外国人の上司、部下、同僚、取引先が今以上に当たり前の世界になるでしょう。そのようなビジネス環境において社内の共通語、取引先との共通語として英語は一層重要な位置を占めると予想されます。

 

英文ビジネスメールのやり取り、英語でのプレゼンテーション、英語での電話会議、英語でのビジネス交渉などさまざまな場面で英語を活用する力が今以上に必要になってきます。

 

かつて有用だった翻訳力よりもダイレクトに英語を読む、聞く、話す、書くコミュニケーション能力が重要になると考えられます。

 

このような場面では、次の2つが重要です。

 相手の言っていることを瞬時に英語のまま理解し、それに対して英語で直接言えるようにすること

 英語で書かれた文を完全な日本語に翻訳することなくできるだけ英語のまま理解し、必要に応じて英語でそのまま返答できるようにすること

体験レッスンお申込・お問い合わせ

 

少子高齢化・人口減少する日本の未来

内閣府の資料によると2016年10月1日現在、1億2,693万人、現在から約30年後の2050年の推計値はかろうじて1億人超えた1億192万人となっています。

 

今の子どもたちが社会の最前線で活躍が期待される約30年後の日本の人口は2500万人以上減ります。現在の東京都の人口1376万人の約1.8倍分が消えることになります。かなり大きな影響が出るはずです。

 

人口が減ると共に少子高齢化がさらに進み、経済の伸び悩み・縮小、税金・社会保険料負担の増加など厳しい未来が待っています。

 

一方、国連の統計によると世界の人口は2017年の75億5026万人から2050年は97億71 82万人に増えると予想されています。

 

将来予測される人口変動により、世界人口に占める日本人の割合は大きく減少していきます。2050年には日本人を対象とした日本語を主としたビジネスマーケット・市場の割合は小さくなっています。ほぼ確実にやってくる未来と考えてもいいでしょう。

 

30年後の子供たちが活躍する未来では、「日本語だけ使える人」と「日本語と英語が両方使える人」で得られるチャンスは大きく異なってくるのではないでしょうか。

体験レッスンお申込・お問い合わせ

積極的に英語にふれる時間を増やす

以上のことから、将来を担う子どもたちにとって「英語を使いこなすこと」はとても大切だと考えられます。一定レベル以上の英語の読む力、聞く力、書く力、話す力を獲得することが厳しい時代をサバイバルしていく必要条件になってくるでしょう。

 

そのためには、学校の授業だけでなく課外で英語を積極的に学び、そして使う機会を小さなうちから増やしていくことが目標達成への第一歩となります。

 

今回ご案内する子ども英会話レッスンは、子どもたちの将来に向けた英語力を身につける最初のステップになるようなレッスン内容になっています。

 

英会話レッスンの特徴

英語を学び始めるにあたって大切なことは英語に興味を持つことです。効果的な学びは興味を持つことから始まります。一方的な授業スタイルでなく、子どもたちが積極的に参加できるレッスン環境は、英語に対する好奇心と学ぶモチベーションを高めていきます。

 

子ども英会話アリス教室では、こうしたレッスン環境を提供するため以下の特徴があります。

 

 実績豊富でフレンドリーなアメリカ人講師や富山の小中学校で教えている現役外国人ALTによる楽しい英会話レッスン!

 子どもたちのへの英語教育の経験が豊富な先生、子どもたちへの英語教育の専門知識を身につけた先生が担当!

 子どもたちが興味を持って集中できるように、ゲーム、遊び、ワークシートをなど組み合わせ、楽しみながら英会話を学べます!

 外国人の先生なので異文化の理解を深め、外国人に対して自然に接する環境で学べます! 

 

体験レッスンお申込・お問い合わせ

 

レッスンスケジュール

年中クラス(定員8名)日曜日 13:00~13:40(40分)

 レッスン内容:ウォームアップとあいさつ、フラッシュカード、英語の歌、ゲームタイム(※市販のテキストは使用しません。)
 担当:フランク先生

年長クラス(定員8名) 日曜日 13:45~14:25(40分)

 レッスン内容:ウォームアップとあいさつ、フラッシュカード、英語の歌、ゲームタイム(※市販のテキストは使用しません。)
 担当:フランク先生

小1クラス(定員8名) 日曜日 14:30~15:10(40分)

 レッスン内容:あいさつと復習、本日のトピック、ゲーム、ワークシートなど
 テキスト:

 担当:モーリーン先生(現役ALT)他

小2クラス(定員8名) 日曜日 15:15~15:55(40分)

 レッスン内容:あいさつと復習、本日のトピック、ゲーム、ワークシートなど
 テキスト:

 担当:モーリーン先生(現役ALT)他

※小3以上のクラスは秋以降開講予定

 

料金(税別)

月謝6800円
(1回1700円×月4回)
※入会金として初回5000円が別途かかります。
※小1・小2クラスは市販のテキスト代(約2000円)を別途ご負担いただきます。
※お支払いは銀行口座引き落とし(前月27日)またはクレジットカード(Paypal)になります。銀行口座引き落とし場合、手続きが完了するまでは銀行口座へのお振込みとなります。

 

よくある質問

Q. 体験レッスンを受けられますか?
A. 無料で体験レッスンを受けることができます。フォームまたは電話にてお申込ください。

Q. クラスが始まった後、途中から入会することはできますか?
A. 対応可能です。最初に体験レッスンを受けてレベルを確認していただくのがよいでしょう。またクラスに追いつくために、集中的にマンツーマンレッスンを受講いただいてから入ることも可能です。

Q. 学年が上のクラス、または下のクラスに入会することはできますか?
A. 対応可能です。上の学年のレベルまたは下の学年のレベルが合っている場合は検討いたしますのでご相談ください。

Q. 駐車場はありますか?
A. アリスショッピングセンター内の駐車場をご利用ください。

 

お問い合わせ

体験レッスンのお申込・ご相談・お問い合わせはこちらのフォームまたは電話076-400-8179でご連絡ください。