英語教育の進化 by Kaj Kangas

投稿日: カテゴリー: 英語・英会話全般

今回はカイ先生(Kaj Kangas)の記事です。英語教育に関する興味深い考察で、数回に分けてアップいたします。プロフィールはこちらをご覧ください。オリジナル英文はこちらになります。

外国語としての英語教育の革命

今日、効果的な英語教育(ELT)方法論を構成しているのはいかなるものでしょうか。英語を教えるより良い方法と悪い方法とはどのようなものでしょうか。かつて、どのようにして英語は教えられていたのでしょうか。そして現在はどのように教えられているでしょうか。

こうした質問について、今回の記事とそれに続くブログで考察していきたいと思います。最初のブログ記事では、英語を教える初期のアプローチ、特に「ダイレクトメソッド(直接教授法)」を重点的に取り上げます。この方法論がどのようなもので、その強みと欠点には何か?ダイレクトメソッド以前とその後にどのような方法があるか?なぜダイレクトメソッドは他の方法に取って代わられたのか?次のブログ記事では、いわゆる「コミュニカティブアプローチ」を含む現在の英語教育のベストプラクティスと、現在も探求・考案されているアプローチに焦点を当てます。

ダイアン・ラーセン・フリーマン(Diane Larsen-Freeman *1)は、少なくとも9つの異なる方法論またはグループの概要をまとめています。順に、次のようになります。

(1) グラマー・トランスレーション(Grammar-Translation 文法訳読法)
(2) ダイレクトメソッド(Direct Method 直接教授法)
(3) オーディオリンガルメソッド(Audio-Lingual Method AL法)
(4) 認知学習アプローチ(Cognitive-Code Approach)
(5) サイレント・ウェイ(Silent Way 沈黙式教授法)
(6) ディサジェストぺディア(Desuggestopedia 脱サジェストぺディア)
(7) コミュニティー・ランゲージ・ラーニング(Community Language Learning)
(8) ナチュラルアプローチ(Natural Approach)、コミュニカティブ・ランゲージ・ティーチング(Communicative Language Teaching)、コンテンツ・タスクベースラーニング(Content and Task-Based Learning)、パーティシパトリラーニング(Participatory Learning)を含むグループ
(9) 学習ストラテジートレーニング(Learning Strategy Training)とマルティプル インテリジェンス(Multiple Intelligences)をグループ

それぞれのメソッドの番号は、グラマー・トランスレーションメソッドがダイレクトメソッドに先行し、オーディオリンガルメソッドの始まりがその後に続くなど、歴史的な順序でつけられています。ラーセン・フリーマン自身は方法論の区分けとその順序付けは、いくぶん恣意的であると考えているようにみえます。彼女も言及しているように、結局のところ、すべてのメソッドは今日実践されています。順序付けの主な理由は、教育を目的として自分のメッセージを伝えることにあります。

グラマー・トランスレーションメソッドは、1900年代前半までの数世紀に渡ってヨーロッパの学校でラテン語、ギリシャ語及び他の言語を教える主要な方法でした。 ラーセン・フリーマンによれば、主にリーディングとライティング、母国語への翻訳、そして教師が学生に教える文法ルールの適用に重点が置かれていました。教師がほとんどの時間を講義し、学生自身の個人的な興味に気を配りませんでした。実際のコミュニケーションは重要ではありませんでした。このことは今日どのように関連しているでしょうか?私が文法ルールを教え、そのルールの適用を求めるときはいつでも、グラマー・トランスレーションメソッドに従っています。今日これを教えていない教師はいるでしょうか?しかしながら、グラマー・トランスレーションメソッドは、この方法だけでどれほど効果的でしょうか?おそらく、現在と当時の大きな違いは、教師が今日このような教授法だけで指導しているわけではないということです。それでは、何が違うのでしょうか?なぜ、そしてどのように変化してきたのでしょうか?

グラマー・トランスレーションメソッドの大きな欠点の1つは、過去においても、現在でも単独では、学生にとってコミュニケーションの準備につながらないことです。おそらく文法に対する圧倒的重視にも責任があるでしょう。実際のコミュニケーションの必要性が出てくるにつれて、ダイレクトメソッドが生まれ、一層重要になってきたようです。この新しくファッショナブルな方法で主に強調されているのは、翻訳をすることなくターゲットとなる言語を直接教えることでした。この方法論では、レッスンはしばしばリーディングで始まり、学生は声を出して読みます。教師は、ターゲット言語のみを使用しながら、プロップ(小道具)を使ってそのターゲット言語を引き出していきました。それから、教師はターゲット言語を使って質問をし、学生は完全なセンテンスで返答しました。次に、学生が教師に質問し、教師が修正するコミュニケーションが発生しました。その後、学生同士で質問をし、それに答えました。これはすべてターゲット言語で行われました。文法は二の次で、仮に必要であったとしてもせいぜい誘導的に教えられました。このダイレクトメソッドは今もなおベルリッツスクールメソッドの中核となっています。

今日このようなことを学生に求めない教師はいるでしょうか?グラマー・トランスレーションメソッドとダイレクトメソッドは、私が2003年に取得したCELTAコースで教えられたプレゼンテーション(Presentation) -プラクティス(Practice) - プロダクション(Production)(PPP)アプローチを継続して構成しています。CELTAコースでは、文法上のポイントを提示するように教えられました。たとえば、最初は制御された方法で、それから自由なやり方(質問と返答のために教えた構文を使うミングリングアクティビティー)で練習させることです。グラマー・トランスレーションメソッドとともにダイレクトメソッドは、引き続き私たちのベストプラクティスの中核となっています。しかし、明らかに、これらの方法だけ完全に成功しなかったと言えるでしょう。おそらく、いつも問題の原因となるのですが、学生は、こうした方法を適用する教師の最善の努力にもかかわらず、すばやく、かつ一様に英語を習得しているようには見えません。おそらく教師は他の解決策を以前よりも増して探し求めていたことでしょう。

今日の私たちの目から見て直ちに目立つのは、これらの方法をただ単に実践することは教師中心主義的で非常に権威的であるということです。同時に、学生にターゲット言語で効果的にコミュニケーションを取る時間がほとんど与えられません。文法と語彙は全く別であるという不適当な意見もあります。さらに、学生自身の興味・関心にほとんど、あるいはまったく時間が与えられません。その上、語学学習をワクワクさせることはほとんどありません。要するに、どのように学ぶか、何が学習に役立つかと同様に学生のニーズは全く考慮されていないのです。

コミュニケーションが強調され続けている中で、ELTは言語をどのように学ぶかについての考察と探求にますます転じていき、解決策がそこに見つかることを望んできました。 ディサジェストぺディア(Desuggestopedia)やサイレントウェイ(Silent Way)などは、60年代と70年代に探求された新手法のひとつでした。その後、80年代までに、コンセンサスが形成され、この方法はコミュニカティブアプローチと呼ばれるようになりました。このアプローチは、従来のすべてのアプローチを含み、かつ活用するという点で折衷的であると言われています。以後、最近になってさらなる進展とアプローチが行われてきましたが、こうした取り組みは、私たちが言語を学ぶことをどのように理解するかについて、一層洗練させていくことを基盤にしていることは間違いないでしょう。コミュニカティブアプローチは依然として支配的なパラダイムです。このパラダイム、そしてより最近のアプローチ、および言語の学習方法に関する最新のアイデアは次の記事で詳しく述べます。

参考文献

*1 ラーセン・フリーマン, Diane Techniques and Principles in Language Teaching [Oxford University Press, London: 2000]

Revolutions in the teaching of English as a Foreign Language

What constitutes an effective English Language Teaching (ELT) methodology today? What are better and worse ways to teach English? How was English taught before and how is it taught now? These are some of the questions that will be discussed in the following series of blogs. This first blog will focus on some of the earlier approaches to teaching English, particularly the “Direct Method”. What is this methodology, and what are some of its strengths and shortcomings? What came before and after it, and why was it super-ceded? The next and second blog will focus on the current, best practices for teaching English, including the so-called “Communicative Approach”, and approaches currently being explored and developed since it.

Diane Larsen-Freeman (*i) outlines at least nine different methodologies or groups of these. These are, in order: Grammar-Translation, Direct Method, Audio-Lingual Method, Cognitive-Code Approach, Silent Way, Desuggestopedia, Community Language Learning, a grouping including the Natural Approach, Communicative Language Teaching, Content and Task-Based and Participatory Learning, and a grouping that includes Learning Strategy Training and Multiple Intelligences. This ordering is historical in that the Grammar-Translation Method preceded the Direct Method, the inception of the Audio-Lingual Method came afterwards, etc. Larson-Freeman herself appears to believe this compartmentalization of methodologies, and ordering them in this way, is somewhat arbitrary. After all, she notes, they are all being practiced today. Her main reason for her ordering is didactic – for teaching purposes.

Grammar Translation was a primary method of teaching Latin, Greek and other languages in European schools for centuries before and into the early 1900s. According to Larsen-Freeman, the focus was mainly on reading and writing, on translation into the native language, and on the application of grammar rules taught to students by teachers. The teacher spoke most of the time, and no attention was paid to the students’ own personal interests. Actual communication was unimportant. How is this relevant today? Whenever I teach a grammar rule and ask students to apply it, I am following the Grammar Translation method. Which teacher does not do this in teaching today? However, how effective is this method done purely by itself? Arguably, a huge difference between now and then is that teachers don’t only do this style of teaching today. So, what is different, and why and how have things changed?

One big fault of the Grammar Translation method was that it didn’t, and by itself doesn’t, prepare students to communicate. A lot of blame possibly was also placed on the overwhelming focus on grammar. Apparently, the Direct Method arose and became more important as the need for actual communication did. The main emphasis in this newly fashionable method was on the direct teaching of the target language without translation. In this methodology, the lesson could often begin with a reading, which students read aloud. The teacher used props to re-elicit the target language, whilst only using that target language. The teacher then used the target language to ask questions, to which the students replied with complete sentences. Next, some communication occurred: students asked questions to the teacher, and the teacher corrected. Afterwards, the students asked and answered questions amongst themselves. This was all done in the target language. Grammar was sidelined, and at most taught inductively, if at all. This is still the core of the Berlitz School method.

Which teacher does not ask students to do these things today? Grammar Translation and the Direct Method continue to structure the Presentation – Practice – Production (PPP) approach taught in the CELTA course I took in 2003! We were taught in that course to present a grammar point, for example, get students to practice it in a controlled way, and then in a freer way – perhaps in a mingling activity where they use the structure just taught them to ask and answer questions. The Direct Method, along with Grammar Translation, all remain important parts of our best practice! Apparently, however, these methods in and of themselves must not have been entirely successful; possibly, and what is the usual culprit, students didn’t seem to be learning English as quickly and uniformly as they should have, despite the best efforts of teachers applying these methodologies. Teachers perhaps increasingly were looking elsewhere for solutions.

One thing that immediately stands out from our vantage point today, is that the pure practice of these methods is very teacher-centered; it is very authoritarian. At the same time, there is little or no time given to students to effectively communicate in the target language. There also is an undue belief that grammar and lexis are distinct. Moreover, little or no time is given for students’ own interests. There furthermore is little to make language learning exciting. In short, little consideration is given to students’ needs, as well as how they learn and what helps them learn.

While communication continued to be emphasized, there was an increasing turn in ELT to a consideration and questioning of how languages were learned in the hope that a solution might be found there. Desuggestopedia, the Silent Way, etc. were among experiments made in the 60s and 70s that explored this. Afterwards, by the 80s, a consensus was achieved which came to be called the Communicative approach. This approach has been termed eclectic in that it includes and draws upon all previous approaches. While there have been further developments and approaches more recently since then, these have arguably been based on greater refinements in how we understand languages are learned. The Communicative Approach remains a dominant paradigm. This paradigm, more recent approaches, and current ideas about how languages are learned, will be detailed in the next post.

REFERENCES

*i Larson-Freeman, Diane Techniques and Principles in Language Teaching [Oxford University Press, London: 2000]