英会話に役に立つ実践的な基本例文・フレーズが豊富!『毎日の英文法』

投稿日: カテゴリー: 英語・英会話全般

ここ最近、英会話の基礎トレーニングとリスニング基礎力アップ用として使っている『毎日の英文法』をご紹介します。

本書は『毎日の英文法』と「英文法」という言葉が本のタイトルに入っていますが、英文法の解説書というより、「文法項目ごとに、英語ネイティブがリアルに使うフレーズをまとめた音読・暗唱用のトレーニング本」と言えるでしょう。

学校英語でよくある「英文法のルールを頭で理解して、英文法の問題を解く」のではなく、文法
項目別の例文・フレーズを繰り返し音読・暗唱することで、英語の基本センテンス、つまり「英語のパターン」を自然に身につけることを目指しています。

多くの日本人英語学習者にとって圧倒的に不足しているのが英語をアウトプットするトレーニングです。英文法を学ぶなどインプットに比べ、英語を話すアウトプットの練習が足りないため、簡単な英語のセンテンスでさえ口から出てこないのです。

『毎日の英文法』は、日本人学習者がおろそかにしてきた英語のアプトプットトレーニングを効率的・効果的にできるような構成になっています。本書のトレーニングメニューに従って実践すれば英会話習得にかなり役に立つと思われます。

話すために必要な文法を55項目に分けて、ネイティブが実際に使うフレーズをまとめた本書を使って音読・暗唱練習をすれば、きっと英会話力を効率的に伸ばすことができると思われます。

【文法項目例】 普段形・一般形(現在形)、be動詞、過去形、現在進行形、willとbe going toの使い分け、助動詞、Whatで始まる疑問文、Howで始まる疑問文、前置詞、形容詞と副詞、関係詞など 

トレーニング方法

ひとつの文法テーマに絞った見開きのページは以下のようにStep1、Step2、Step3の3つで構成されています。音声はダウンロードできます。

Step 1

それぞれの文法項目の簡単な解説が書かれています。また右側にはイメージしやすい図や説明のイラストがあります。ほとんどの文法項目は中学校の英語で習っているものです。最初にこのStep 1を読んで、文法項目の復習と概要をつかんでおきましょう。

解説、イラストを見て文法項目の復習と確認を行う。

Step 2

ここからが本書のメインパートです。すべての文を読んで理解できるか確認します。文の形・構文、知らない単語の意味の確認をしながら1から7番の英文まで読みます。

次に音声を聞きながら、音声に自分の声をかぶせるようにしながらテキストを見て音読します(オーバーラッピング)。音声を聞いた後にリピートするやりかたでもいいと思います。これを5回以上繰り返すことを基本セットとします。

音声を聞いて意味がすぐ分かり、音読も難なくできる場合は、3回など5回より少なくでもいいでしょう。反対に数回繰り返しても音読が上手くできないときは、5回以上繰り返して、できるだけ滑らかに言えるようにしましょう。

最後に音声を聞いて、テキストを見ないで暗唱します。聞こえてきた音声をそのまま真似て口から出します。注意するポイントは、「英文の意味の理解」、「適切な単語の発音」、「センテンスのイントネーション」です。暗唱は5回以上のセットを基本とします。

基礎トレーニング用の文を読んで理解する。
基礎トレーニング用のテキストを見ながら音読(5回以上)
基礎トレーニング用のテキストを見ないで暗唱(5回以上)

このような方法で音声を聞きながら音読・暗唱トレーニングを行うと、リスニングの基礎力アップにも効果的です。読めば簡単に理解できる英文が、話されると瞬時に理解できないという課題がある場合。この音読・暗唱トレーニングで大きく改善されるはずです。

Step 3

Step2で練習した英文の単語を入れ換えた文でトレーニングを行います。文の中の一部(主語、時制など)が入れ換えられています。

Step 2と同じように

入れ換えトレーニング用の文を読んで理解する。
入れ換えトレーニング用のテキストを見ながら音読(5回以上)
入れ換えトレーニング用のテキストを見ないで暗唱(5回以上)

を実践してみてください。

練習した英文パターンで単語の入れ換えができるようになると、自分の言いたいに応用できます。英文基本パターンをマスターしたら、あとは語彙力です。語彙力をつけていけば、英文基本パターンを使ってさまざまな表現ができるようになります。

Step 1からStep 3までのステップを何周か行うとしっかり定着していきます。ただし、個人差があります。1から2周で十分な方もいるでしょうし、5周~6周以上必要な方もいるでしょう。満足できるレベルに到達するまでやってみるのがいいでしょう。

まとめ

基本パターン英文の音読、暗唱をこれまで十分にやってこなかった方は、『毎日の英文法』を使って音読・暗唱トレーニングをすると英会話力(スピーキングとリスニング)が大きく改善されると思われます。

耳で英語音声を聞いて、声に出してアプトプットを繰り返す』、これが重要です。

『毎日の英文法』の練習方法に近いものとして、『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』があります。『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』と比べ、本書に入っている英文のほうが自然な表現・フレーズだと感じます。『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を終えた方は、こちらでネイティブが使う自然な表現を練習してみるとよいでしょう。