英会話で最初に必要なことは?

投稿日: カテゴリー: 英語・英会話全般

「英会話ができるようになりたい」、「英語が話せるようになりたい」と多くの人が望んでいます。

中学、高校と英語の授業を受け、英単語も6年間でおそらく1000語以上は覚えたかもしれません。さらにセンター試験、大学受験対策として睡眠時間を削って受験勉強をしたかもしれません。

しかし、これだけ英語の勉強に時間をかけても、簡単な文さえ口から出てこないもどかしさを感じることはよくあることではないでしょうか。そのため話せないというコンプレックスから、「英語を話す」ことに意識がいきがちです。話すことさえ改善すれば英会話が上手くできるようになると。

もちろん会話では「話す(スピーキング)」スキルは欠かせません。自分が伝えたいことを言葉にしなければ相手に理解してもらうことができませんので。ただ、話すスキルだけでは不十分。同様に重要なのが「英語を聞き取る(リスニング)」スキルなのです。

当たり前のことですが、英語が聞き取れないと会話自体が成り立ちません。相手の言うこと、意図することが理解できなければ、受けて話を続けることはできません。質問されて何を意味するかわからなければ、仮に英語を話すことができても適切に答えることができません。

さらに「聞き取り(リスニング)」は相手の話すスピードに合わせなければなりません。相手がネイティブスピーカーならネイティブのスピードについていかなければなりません。一方、「話す(スピーキング)」ほうは、自分のペースでできます。多少ぎこちなくてもスピードを落としてゆっくり話して理解してもらえればいいわけです。

もし英会話の勉強を本格的に始める、または再開するのであれば、少し立ち止まって、「自分は相手の言う英語が理解できるリスニング力があるか?」について自己分析してみるべきでしょう。相手の言っていることが10~20%程度、あるいはそれ以下しか理解できないと感じるのなら、優先すべきはリスニング力を鍛えることです。

特に英会話初心者は、聞き取り能力がかなり劣ることが多いです。勉強の初期段階ではリスニング重視の勉強をするほうが、全体的な学習効率が上がり、英会話上達の近道になります。

リスニングの勉強方法については改めて書く予定です。