単語アプリmikanで医学系単語2200語チャレンジの途中経過

投稿日: カテゴリー: 英会話・英単語アプリ

mikanで医学系単語2200語を2月末までに覚えると宣言しましたが、その途中経過です。最初の100語は無料ですが、以降は有料のため、2400円で購入しました。

1月3日現在、全22セット(1セット100語で22セット×100語=2200語)のうち行動科学までの7セット(700語)をクリアしました。

よくよく考えると1日100語進んでも22日かかるので、スピードを上げることにしました。年末年始含めここ数日は1日にトータルで平均1時間ぐらいかけています。

ではちょっとした感想を。

・4択のクイズゲームの感覚で進められます。単語を覚えるときに感じる苦痛からだいぶ解放されます。

・新しいセットにランクアップするためには、ランクアップテストをパスしなければなりませせん。10語連続で正解する必要があり、いい意味で緊張します。通過すると達成感もあり、次もクリアしてやろうという気になります。

・ 医学系の専門用語の中には、日本語でも、その意味するところがわからないものが出てきました。medial malleolus(内果)、lateral malleolus(外果)、abduction(外転)、adduction(内転)、 eversion(回外)など、意味を知らないとイメージしにくく覚えにくいですね。とりあえず日本語の意味がわからなくても機械的に覚えています。

・ 骨関係は種類が多く混乱しました。femur(大腿骨)、fibula(腓骨)、clavicle(鎖骨)、sternum(胸骨)、carpal bones(手根骨)、ilium(腸骨)、ischium(坐骨)、metacarpal(中手骨)、phalange(指骨)、radius(橈骨)など。名前の規則性がほとんどなく、どこの骨を指すのか覚えるのが大変でした。

・ときどき待ち受け画面に表示されるプッシュ通知は、やるきっかけになります。使わないアプリのプッシュ通知は邪魔なだけですが、現役で使っているアプリならOKです。

定着率を高めるために2から3周はしたいと考えています。またどこかのタイミングで途中経過を報告したいと思います。